おまけの不定期日記  

2000年8月1日〜

9月29日(金)

ここ数日、肩と首の凝りがひどくてちょっと参っておりました。首が廻らないんですよね(借金があるからでは・・・ちょっと関係あるかも?)
まあ、なんとか多少マシになってきたのですが、何が原因なのかなあ?年齢からくるものかも知れませんが(苦笑)

オリンピックの日本人選手、結構頑張っていますね・・・メダルはほとんど女性選手ですが。でもビジュアル的にも確かに美しいです。女性選手の方が溌剌と楽しく競技しているって感じがしますよね。

読書は相変わらずあまり進んでいないのですが、現在『新宿鮫 風化水脈』を読んでいる途中です。大江老人が中々魅力あるキャラクターですねえ。

9月25日(月)

大阪の市会に出席。少しではあるが、探偵物と時代物の3点を落札。一冊はちょっと珍しいところかな?
とにかく入札したところが競合の上、かろうじてすべて落とす事が出来た。調子は上向きみたい。来週は市も多いので、この調子が続けば良いのだが。

夕方から宗右衛門町でキリンビールプラザとドイツレストランをハシゴ。それほどビールを飲んだつもりはなかったのだが、思ったよりも酔いが廻ってしまったみたい。京都に帰るのにフラフラだったようである(カミさん談)
いつもは飲んだ後でも夜中まで仕事をする事が多いのだが、珍しく何もせず寝てしまった。まあ休み無しで働いているので、たまには大目に見て下さい(「いつも休んでばっかりじゃないか!」という声もありますが・・・)

9月24日(日)

祝!女子マラソン高橋選手、金メダルおめでとうございます!

9月23日(土)

関西のネット書店有志による「ねっと会」を、本日当方の自宅で行なう。これってオフ会ってこと?
しかし、はるばる大阪・神戸からご苦労様でした。朝が大雨だったのでどうなるかと思ったが、昼から小降りになったので良かったです。
いつもながら皆さん真剣にネット運営を考えられていますので、当方も大変刺激になりました。お客様への応対、宣伝、仕入れ等に関して話し合い、結論は出ませんでしたが、間違いなく今後のプラスになります。
仕入れに関しては、当方も多少分野外の在庫を引き取っていただけたので、それだけでも当方で行なったメリットがあったかも?

来週また紫式部の飲み会を行なうので、珍しく?喫茶店に入って解散。それで四条大宮にある前から気になっていた中華料理店に入って夕食。結構いけた。
帰宅したらまだサッカー観戦の後半に間に合った。本当に惜しい・・・でもこれは2002年に必ずつながるはず。世界の中ではまだまだ歴史が浅いんですから。

明日はオリンピック最大の楽しみ女子マラソン。早起きしなければ。

9月22日(金)

本日でついに歯の治療完了\(^Ο^)/
しかし・・・ちょっとだけ楽しみが無くなった(判る方には判りますよね−笑−)

9月20日(水)

京都駅前で古本市があったので行って見たが、ハズレ。しかし、朝イチで見るお客さんってほとんどいつも一緒ですね(笑)

昨日からサーチエンジンでまったく注文が無いと思ったら、注文メールが当店に届いていなかった。ご注文された方には検索してお送りいたしましたが、まだサーチの調整が上手くいっていないようですので、もし注文したけど何の連絡も入らないという方がいらっしゃいましたら、ご一報下さいませ。

サッカーはヒヤヒヤの予選通過でした。それでも最近は日本の試合も面白く観戦出来るようになってきているし、確かにレベルアップしてますね。決勝トーナメントの組み合わせは案外良い風が吹くかも?

9月18日(月)

早朝からご近所の夫婦喧嘩の声に起きる。何気なく聞いて見ると、ご主人がオカズを他の家族の分まで残さずほとんど食べてしまったために大喧嘩になっていたみたい。そんな事で喧嘩するかねえ?まったく近所迷惑。
・・・まあ本の事で夫婦喧嘩というのは時々聞きますがね。(我が家の事ではありませんよ。念のため。)

そんなドタバタで寝不足のまま大阪の市に向かう。今週は出品量が多い。探偵物は少ないが、それでも多少まとめて入札。内容はともかく数量だけはたくさん落札。一般文芸書をまとめて仕入れたが・・・何か当店向けではないような・・・どうしよう?
探偵物は新書を少々入手。まあまあといったところか?しかし、都筑の括りを落とし損ねたのがちょっと残念。かなり強気でいったつもりなのだが、上回っていたところがあった様で。やはり探偵物は厳しいぞ。

9月17日(日)

紫式部のスーパー源氏が全面的にサーバー増設を行って、サーチが急速に早くなる・・・予定でしたが、もうしばらく調整が必要のようです。もう少々お待ちを。
その分この数日当店の目録登録が進んだが、どうもイマイチ目玉が少ないなあ。まあ、とりあえず八切を中心とした時代考証物も独立させたし、新たな分野にはどんどん取り組んでいくつもり。もちろんミステリ・SFも探していきますが。

昨日は<畸人郷>の集まり。年寄り?組はオリンピックと古い映画の話題で盛り上がる。まあ良く金メダルを獲得してくれました。しかし何で今日のサッカーはブラジルが負けてしまうの?
乱歩賞の『脳男』も話題になりましたが、まだほとんど誰も読んでなかったので評価が判らない。タイトルは魅力あるのですが。年寄り組は『蝿男』らしい内容を何となく想像していたようですが、若者組は『ハサミ男』が頭に浮かんでいたようです。うーむ、年代の差か?

梶龍雄『鎌倉XYZの惨劇』読了。これはまさに新本格。予想以上の秀作です。
やっと『新宿鮫 風化水脈』購入。しかし・・・これは持ち運びが大変だぞ・・・

9月14日(木)

ここ数日も特に話題なし。大雨の中での月曜の市も今週は収穫がさほど無かったし、古本屋を廻ってもパッとせず。
古本以外の話題といっても・・・無いなあ。歯の治療がほぼ終わったのがちと嬉しいくらいか?(話題に乏しいなあ・・・)

まあシドニー五輪のサッカー日本代表がとりあえず1勝したのは嬉しい。まだこれからが大変ですが。やはり女子マラソンが一番待ち遠しい。メダルを取れるかどうかよりも、日本代表の3人の中で誰が一番速いのか?に興味あり。

本も・・・読んでないぞ。気になる本もたくさん出ているのに・・・

9月10日(日)

先日の大阪大市で落札した本、実は創元推理文庫を登録。
しかし、キキメの殆どがあっという間に売り切れてしまった。ありがたい事ですが、ちょっと淋しい気分。これがそれぞれ数冊づつ在庫があれば、もっと多くの方に喜んでいただけたのですが(売上ももっと上がるのだが・・・)。これは珍しい本が入る度にいつも思う事ですが・・・古本屋永遠の課題でしょうね。
また仕入れに努力いたします。

戸松淳矩『名探偵は九回裏に謎を解く』読了。たまにはこういった軽い本でも、と思って読んだのですが、意外と面白かったですね。

9月8日(金)

この数日市内の古本屋を廻るが、あまりネタになるような事はない。ちょっと停滞気味かな?

「ニュースステーション」に京極夏彦が出ているぞ!コメンテーターにはあまり向かないとは思うのだが・・・しかし、これほどのメジャー作家になるとはねえ。
ロシアへの機密漏えい事件もちょっと驚き!まあスパイ活動はあってもおかしくないが、今回は手法があまりに前時代的なのでは?三好徹の『小説ラストロボフ事件』を思い出してしまいました。結構面白いですよ。

日影丈吉『咬まれた手』読了。しゃれた味わいの佳作といったところか。

9月4日(月)

本日は大阪で特別大市の開催。大市に参加するのは初めてであった。
通常の市との違いは、通常は最低価格千円から入札出来るのだが、大市は一万円がスタート。当然出てくる本もグレードアップ。通常市とは違い全国から業者が集まる。
出品目録を見る限り探偵物は出ていなかったし、競争も激しそうなので、まあ勉強のつもりで行ったのだが・・・一点出物を発見!お得意の?一点勝負!!見事落札!!!(でも高かった・・・)
何を落としたかはちょっと・・・ですが(いつも思わせぶりで申し訳ありません)少しは期待しておいて下さいね。

しかし、大市はいつもと違って業者も多く賑やか。考えて見れば良く初参加の大市で落とせたものです。目録掲載されていなかったのがラッキーだったのかも知れません。もう今年の運は使い果たしたか・・・と思ったら、在野の古本屋でもちょっと収穫。
今日は特別ビールが美味い!(やっぱりそうなるか・・・)

9月2日(土)

明日が期限切れの私鉄三日間乗り放題切符があと一回分残っていたので、一番遠くの姫路方面を目指す。
途中明石で下車して、前々より食べたかった明石焼(地元では玉子焼と呼びます)を探す。地元の商店街の中にピンと来た店があったので、そこに入って食べる。ウマイ!今まで梅田あたりで食べていたのとは比較にならない。これだけでも遠征してきた甲斐あり。食後に一軒だけあった古本屋に入るが何も無し・・・まあ良いか。

それから姫路まで向かう。一軒土日だけ営業している店は割と面白い本があったが、それ以外の在野の古本屋ははっきりいってダメ。今後わざわざ交通費を出してまで行く事は無いかも知れない。それでも姫路城を見ることが出来たから・・・良い事にしておこう。

帰る途中に一軒立ち寄るが、何故か臨時休業。まあ古本屋の事だから(笑)
結局元町でいつものごとく餃子を食べて帰る。うーむ、あんまり仕事にはならなかったぞ・・・

8月31日(木)

もう8月も終わりですか〜早いですねえ。
このところどうも外出が減ってしまったためあまりネタもないが、最近のちょっとした出来事。二十年くらい音信不通だった学生時代のクラブ(SF研です-笑-)の仲間から、突然メールが入ってビックリ!
ネットの威力というのをつくづく感じさせられました。

どこかに行った事の無い古本屋が無いかとエリアマップを眺めていたら、知らないところにリサイクルブックを発見したので、即チェック。
カミさんに「ここ知ってる?」と尋ねたのだが・・・カミさん「リサイクルブックじゃなくて、リサイクルブティックだけど・・・」
まあマニアには良くある事ですね(笑)つまらない小ネタでした。

岩崎正吾『恋の森殺人事件』読了。ストーリーは楽しめます。ミステリとしては・・・

しかし、このところ全然本を読んでないなあ〜『新宿鮫』も久々に出た事だし、もっとピッチを上げないと。

8月28日(月)

久々の大阪市会に出席。しかし・・・出品は多かったが、食指の動くものが無かった。
結局近辺の古本屋をブラブラしただけに終わる。次回に期待。

廻っている中で、ある古本屋に入った時に20代の若い男の客が、女性店主と話していたのを何気なく聞いていたのだが・・・
客「バイト情報や職安にいっても気に入った仕事が無いしぃ〜、古本屋でもやろうかなあ〜と思っているんですよぉ〜。」
店主「古本屋も楽そうに見えて結構大変な仕事なのよ。止めといたほうがいいと思うけど。」
客「でも最近はネットで商売もしている所もあるみたいだしぃ〜、ひとりだから食えればいいんですよぉ〜。」
店主「・・・」

「・・・ザケンジャネエ!そんないいかげんな気持ちで古本屋が出来るか!こちとらだって食うために必死なんだよ!!」

と、叫びたくなったので、さっさと退散。まともに仕事も出来ない者に、古本屋が勤まるか!

8月27日(日)

二回目の関西のネット仲間による会合を行う。今回は6名とちょっとだけ増えてきた。
新たにいんたぁブックさんが参加。ネット上で知り合いになったのだが、独自でHPを作って立ち上げており、技術的な事にはからっきしの私としては、いろいろと勉強になりました。
今回一番話題になったのは、大手古書店が次々ネットに参加していく中で、どのようにして今後生き残っていくか?といった事。どれだけHPに独自性を持たせて行くか?また、大店舗には出来ない、小回りのきいたサービスをどう提供して行くか?といった内容で、熱い議論を交わしました。皆さんがそれぞれ諸問題を真剣に考えていましたので、当方も大変刺激になりました。
もちろん二次会は居酒屋でしたが(笑)

8月26日(土)

今日も暑い〜もう言いたくは無いが・・・それより水不足がマジで心配になってきた。
ずっと閉じこもっていてもセドリが出来ないので、夕方から廻ることにした。しかし、京都市内の古本屋は7時頃にはほとんど閉まっているわ、大学付近の本屋は夏休みだわで、いやはや。結局いつものバカボン系古本屋に行くが、これも収穫無し。
週明けには大阪の業者市がまた始まるので、それまでは無理をしないでおとなしくしているのが一番かな?

8月24日(木)

暑い〜今年は特に暑いぞ。連日35度以上。
そのため今週はほとんど外出せず。近くの郵便局に行くだけでもグッタリ。おまけにクーラーをかけながらついうたた寝をしてしまったら、洟風邪をひいてしまった。まあそれほど大したことはありませんが。

おかげで登録は順調だか、何故か相変わらず買取続き。問い合わせメールも多い。うーむ・・・8月は蔵書整理の季節なのかな?普通は3〜4月か年末が多いはずなのだが・・・しかしやはり嬉しい。感謝です。

8月20日(日)

昨日までの三日間は、ほとんど外出せず登録に精を出す。
本日は、アスカ書店さん、達磨の居場所さんと同行して、神戸まで買取に出張。実は、お客様の家までお伺いして買取を行うのは、今回が初めて。ある程度内容は事前に判っていたので、相談の上SF関連を当店が買い取る。内容的にはまずまずであったが、交通費と所要時間を考えると、ちょっと割が合うかどうか・・・
今回は紫式部さんからの依頼があったので行きましたが、当店は基本的に買取は送り(送料は当方負担しております)でお願いしております。でもまあたまにはお客様のコレクションを眺めに行くのも良いかも?
何故かここ一週間は買取が続き、毎日のようにお客様から届く。三日間登録に精を出しても追い着かない・・・でもまあこれは嬉しいことです。(特に昔の本は大歓迎ですよ。)

新章文子『沈黙の家』読了。どうもこのところ本を読む時間が取れなかったので(体調も悪かったので・・・)、久々の読書となりました。副題が「性倒錯殺人事件」というだけあって、まともな登場人物が出てこない(笑)。それはともかく、昭和30年代作品としてはかなりの出来。復刊されてもおかしくない作品だと思うのですが。

8月16日(水)

納涼古本まつり後ちょっと体調をくずした(バテか?)のと、私事でバタバタとしていたため、HPの更新があまり出来ない状態でした。申し訳ないです。

今日は大阪で二ヶ所同時に古本即売会開催。やっと私事も落ち着き、体調のほうも回復してきたが、あまり無理をせず昼からゆっくりと落穂拾いのつもりで廻る。おそらくマニアは「八尾西武」のほうを目指していると思ったので、「心斎橋そごう」を先に行ったが、これが的中して、まあまあの拾い物。
しかし、「心斎橋そごう」の即売会は今回で最後らしい。そごう自体がいろいろとありましたからねえ〜確かに即売会会場以外の階は閑散としておりました。黒っぽい本の多い即売会だっただけにちょっと残念。

その後「八尾西武」に向かい、ざっと一回りしてみたがさほど無し。やはりダメかと思ったが、まあ時間も多少あったので、もう一回ゆっくりと廻ってみると、数点面白い本を発見。マニアの見逃しがあったのか?目録注文も1点当ったので、来た甲斐はあったと思う。

明日からはしばらく目録更新のほうを何とかしなければ。市の落札本・古本市のセドリ・お客様からの買取が重なり、ちょっと本が溜まってきているぞ。

8月11日(金)

真夏の楽しみ「下鴨納涼古本まつり」開催。今年は雨にたたられた去年と違い晴天の初日で幸先良い。
今回はあまり探偵物にこだわらず幅広く探すつもりにしていた。そのためある程度目星を付けていたお店を集中的にチェック。大体会場が広すぎてとてもすべて見て廻ることは出来ませんから。
カミさんの協力もあって中々の収穫。やはりさすがに暑いので、ちょいとビールで一服後、荷物もかさんだので送りにする。2箱分あった(笑)うーむ、古本市でこれほど本を買い込んだのはホント久しぶり。
目録注文は2点のみであったが、特に欲しかった1点(某文庫本)が当ったので大満足。かなりの競合だったらしい。おそらくこの日記をご覧のお客様の中でも申し込みされた方がいたかもしれませんが・・・夫婦共に欲しかった本なのでご容赦を。何故かこのところ長年個人的に探していた本の入手が相次ぎ、どうしても欲しいといった本がさほど無くなってきてしまった。これからは仕入れの方に集中できそう・・・かな?

昼食後もう一回り。補充分からまた買いまくって二時過ぎに会場を後へ。とたんにスコールみたいな大雨が!こちらは間一髪で屋根のあるところに避難出来たが、出品されている古本屋さんは、予想外の雨で大慌てだったのでは?結局その後もずっと降り続き、今年もやはり雨にたたられた古本市となってしまったようです。

8月8日(火)

しばらくサボっていた京都の市会に久々出席。実はまた行こうか行くまいかちょっと迷っていたのだが、何か予感(しっくすせんす?)がして暑い中を行く。
行ってみれば、おおっ!戦前探偵小説の大物が出品されているでは!!予感的中。一冊あたりの単価としては、組合に入会して以来の最高額を入札。やはりかなり競合したが、何とかGET!
しかし支払いが・・・それでも多少の喜びと現実逃避?の為、お馴染みKIRIN CITYでビールを一杯。明日は明日の風が吹く?

8月7日(月)

あまりの暑さにぼ〜っとしていたのか、日記の曜日が間違っておりました(笑)修正。
本日大阪の市会。ミステリ関連はほとんど無かったが、お盆でしばらく市が開催されないため、とりあえず何か落とそうと数点入札。しかし、ミステリ関連以外の本は相場の判断が難しく落ちたのは1点のみ。もっと勉強しなければ。
それでも当店好み?の雑本の山が安く落とせたのでまずまず満足。源氏鶏太・佐々木邦・藤島一虎・野尻抱影etc.あまりご期待(ミステリマニアの)に添えない品揃え(笑)
でもまあこのあたりの本を仕入れるのも結構楽しみとなってきております。

8月5日(土)

今日は京都のバカボン系リサイクル古書店のリニューアルオープンがあったので、また朝から行く。時間が多少あったので、初めてスターバックス・コーヒーに入る。結構話題の店になっているらしいが、メニューの内容がサッパリ判らない(笑)さすがにエスプレッソは判るので、何やらそれに妖しげな名前がついたものを知ったかぶりで注文。ワンショットて何やねん?まあそれなりのものが出て味も良かったが、こんなに注文で悩んだのはハーゲンダッツに初めて入った時以来(かな〜り昔ですが)
日本で店を出すなら、少しくらいは日本語で説明を書いておけば?

ところでバカボン系のほうは、店は拡張されていたが、本のほうは前と大して変わっていなかったので、話題なし。
その後、この暑さのなかどうしようか迷ったが、折角朝早くから外出したので、私鉄乗り放題切符を使い、大阪南部(もうちょっとで和歌山)まで出撃。大阪の最高気温は37度!!よくまあ倒れなかったものである。
初めていくところばかりなので、途中迷ったり、潰れていたお店もあったが、それなりには収穫があったかな?しかし、もうさすがに夏場には行きたくない。それでも廻った後のビールは最高でしたが(笑)

8月4日(金)

バカボン系リサイクル古書店のオープンがあったので、朝イチに行ってみる。実は今まで朝イチでは行ったことがなかったのだが、開店と同時にお偉いさんが入り口をカメラで写していたのにはマイッタ。これで全国指名手配になるかも?
バカボン系にしてはあまり大きな店舗では無かったことと、関西の大御所のオネエサンも来ていたことで(サンリオの売れ筋を取られてしまった・・・)さほどの収穫なし。オープンにしては並んでいる本も他店からの売れ残りが廻ってきたというよな感じであった。
まあ一冊噂の?有村智賀志著『殺意の布石』を手に入れることが出来たのが収穫か。私も初めて見ました。なんと言っても青森の地方出版ですからね。これは読んで見たいからしばらく取っておこう。しかし・・・面白いのかな?

それにしても暑い。とても日中は廻れそうにないのでさっさと退散。

8月2日(水)

古本シーズン?の八月を迎えました。しかし暑い日が続くなあ〜
今日は体力温存のため外出せず。そのかわりに中々出来なかった時代小説・大衆小説を新規に登録。冊数からすればバカみたいに少ないが、前前からやりたかったので、これから集めていくつもり。しかしこちらの方もマイナーな作家が多いようで・・・売れるのかな?(苦笑)
あと、少年少女小説のコーナーは作りたいと思っているのだが、市でもほとんど見かけない。こういった本は地方の市に遠征した方が良いのかな?

芦辺拓『和時計の館の殺人』読了。現在の本格派の国内作家では一番安心して読める作家なので、迷うことなく新刊で購入。さらっと読めてストーリーも楽しめます。(トリックは?かな)今回はいつもより肩の力を抜いて書かれたような感じがして、それがかえって好印象。