おまけの不定期日記  

2004年1月1日〜

6月13日(日)

また二週間空いちゃいました。今度はそんなにドタバタも無かったのだが・・・月日の経つのは早いですねえ(笑)
梅雨の真っ只中だけど、何故か不思議と過し易く、体調も好調。流行に乗って?「にがり」を始めたのですが、これはちょっと効果がありそーな気が。しばらく続けてみよーっと。

市仕入はこのところ不調。というよりも、ブツが出ない。時期的に仕方が無いのかも。今週はどうかな?
年末から続いていた一件の大型買取がやっと一段落。合計90ケース!これはさすがにマイリマシタ。
他のご依頼も並行して多かったので、一時はどうなることやらと右往左往したのですが、何とか目途が付いてきたので、新たな仕入が欲しいところ。遠征費を捻出しようかな?

先日ボーッとしていた時に、ある一本の電話。ナント!「トリビアの泉」のスタッフからの問い合わせ。以前には「探偵!ナイトスクープ」「知っとこ!」等からのTELがありましたが、これは関西のTV局製作なので驚きは少なかったけど、東京キー局からの問い合わせとはねえ・・・さすがにビックリ!
内容はさほど難しい事ではなかったので知ってる範囲で応対したけど、東京にはいくらでも古書店さんがあるのだから、わざわざ当店に問い合わせする必要があったのかな?不思議だ・・・

人名用漢字の拡大原案が出たけど、一体あれって何なんだろうねえ・・・幽霊男君もビックリ?!もし横溝大先生がご存命だったら、凄い登場人物が生れていたかも?呪太郎とか、屍蝋とか、蛭男とか・・・姦淫もOKだって?
何考えてんねん法務省は!全く・・・

大阪近鉄とオリックスが合併だって?!そんなアホな!!

5月30日(日)

暑いっすねえ〜梅雨直前でジメジメしているし・・・一番苦手な季節となってきました。
日記も間が空いて、もう月末。もはや不定期日記どころではないですね(苦笑)。体調をちょっと崩していて、あまり活動的な生活を送っていなかった事もありますが(今は全快です)、それよりも在庫の整理で追われまくっていた今日この頃(笑)
古本業を始めて数年経ちましたが、気づかぬ間(あえて気づかぬフリをしているのかも?)に、ジワジワと本の在庫が増殖の一途。さすがにどうにかせねば・・・
昔、ディスカウントに勤めていた時代に、「家電製品等の工業品は、生鮮食品と違って腐敗に気がつきにくいが、仕入れた段階ですでに腐敗は始まっている。」と教えられた事がありました。確かに、どんな人気の新製品でも、三ヶ月程経てば当たり前の製品になるし、半年も経てば立派な型遅れ品(笑)。現在だと、もっとサイクルが早いかも知れません。
古本の場合だと、その感覚がどうしても鈍ってしまうんですよね。良く見かける本だと思っていた在庫品が、数年経つと「長年探していました。」と予想外の反響があるし、逆に、稀少と思っていて抱えていた本が、復刊されてタダの不良在庫になる事も良くある話。「さっさと売り抜けていれば良かった。」と一瞬考えるものの、「仕方が無いから次のチャンスまで抱えておこう〜っと(桂小枝調で)」とついつい思いがち。で、巨大な在庫の山が出来上がる(苦笑)
それに見合う巨大な倉庫を持ち合わせていたとしたら話は別ですが、そういう訳にはいかないので、やはり商売の原点に戻って、需要と供給のバランスを考えなければならない。
まあ、本来なら基本中の基本の事なんですがね。これからしばらくは、仕入の方も厳選していかなければならない時期に来ているのかもしれません。

ちょっとマジな事を書いてしまったので、お笑いの事でも書きたいのですが・・・これといって琴線に触れる若手芸人があまりいない。ヒロシはちょっと好きですが、自虐ネタ以外の他のネタを見るまでは評価が難しいかも?「ヒロシです。引きこもりたくても、引きこもるお金がありません。」には、爆笑してしまいましたが。
やはりこれからは、浅越ゴエの時代がやってくる?

5月8日(土)

GWも慌ただしく過ぎ行き、久々の更新となりました。当方にとってはGWはどうでも良いのですが、郵便局や銀行の金融機関がず〜っと休みなのは、零細古書店としてはチト困りもの。
不思議と今年のGW期間はご注文メールが多かったので(大変ありがたい事ですが)、休み明けにドタバタ。やっと通常のペースに戻りました。

GWといえば、今年の「みやこめっせ春の古書大即売会」の初日は大盛況でした。例年と同じくらいの時間に行ったつもりが、既に長蛇の列。何故?・・・古本ブーム再来なのか?
今年はガードマンを付けて入場整理をしていたので、その点は好印象。でも、会場内はメチャ混みで、通路がいつも以上に狭く感じる。こうなると買物カゴがかえってジャマになるので、手持ちでウロウロ。収穫は・・・低調。残念!
少なくとも、先行の四天王寺即売会からそのままゴッソリ移動というのはどうなのかなあ・・・同じ関西だしねえ・・・
全体的にも見慣れた本が多いというのが正直な感想。ちょっと辛口ですが。
その点でいえば、水明洞さんの即売会における商品構成の意識の高さは凄い!同業者として一番刺激になります。

買取中心に仕入は順調。ただ、若干体調を崩し気味。暑くなってきたせいか?ふぅ〜
という事で、今日はこの辺で。

4月22日(木)

目録も一段落。お買い上げありがとうございました。また、ご希望に添えなかった方々、大変申し訳ございませんでした。
主な本は殆ど重複したのですが、特に重複した本は次の通りです。

1.生ける屍  13名様
2.俳優パズル・幽霊の3/2  12名様
3.ギデオン警視の危ない橋  8名様
4.名探偵読本8  7名様
5.ジュリアの館・ギデオン警視の一ヶ月  6名様

やはり、創元推理文庫は人気が高いですね。

初めて紙目録を手掛けると、色々と面白い事も判るもんです。たくさんのご注文を賜ったのですが、何故か女性の方からのお申込が皆無!登録品の関係かも知れませんが、それにしてもなあ・・・ネットだと少なくとも3割以上は、女性の方からのお申込があるんですがねえ・・・
それと、年齢をご記入いただいた方に限って見ると、20代の方が殆どいらっしゃいませんでした。大体当方と同年代か、先輩の方々。ネットでの購買層とは、やはり若干のズレがあります。
うーむ・・・今後の傾向と対策を検討しなければと憂慮する、今日この頃・・・まあ、合同目録なので、当方だけではどうする事も出来ませんが。

紙目録に関しては、まだ書きたい事があるのですが、長くなりそうなので次の機会で。

全連大市は、大阪の業者さんが日曜日に本が届いていたというので、ハズレと思っていたところ、何故か一日遅れで到着。一応特に狙っていた二点のうちの一点が落とせたので、今回はOKですよ。
あまり無理せず、マイペースで商売したいしね。

4月18日(日)

たくさんの合同目録へのお申込ありがとうございます。重複品も多いですが・・・在庫は殆ど一点限りですので、その点はご容赦を。やはり抽選方式となると、そのあたりが辛いなあ〜
でも、締切りまでには残り一日ありますので、何かございましたらお申込くださいませ。

久々のお江戸はやはり刺激がありますねえ。大市は、当方好みの本はやはり少なかったのですが、数点稀少本の括りがあったので、ご挨拶程度に入札。まあ、会場まで出向いたという痕跡を残したに過ぎないでしょうが(笑)
それにしても、今回はやたら関西勢の来場が目立っていたよなあ。関西弁が飛び交って、通常の市と変わらないじゃん(笑)
夜は、古書研メンバーと東京の有名店主との飲み会。東京でもどちらかといえば異端と呼ばれる方々でしたので、面白い話が聞けました。でも、ちょっと語りが熱いよなあ・・・あれはネタが出来上がっているね(おそらく・・・)

ついでなので、ある即売会へ出向いたが、日程が変わっているじゃん!プンプン!
でも、その後に廻ったところでちょっとした収穫があったので、遠征の成果はあったかな?
しかし、全般的には一般古書店での掘り出し物はトント無くなりましたねえ。やはり、B堂さんや@Wさん(そのままやな・・・)の様な専門店の集本力はさすがです。
でも、中野のWさん(行く度に凄くなっている様な・・・)や、高円寺のJさん(変わった店名・・・)が相変らず頑張っているのが、当方も励みになります。どことなくシンパシーを感じるんですよね。

後は、共栄堂のスマトラカレーと、春木屋の中華そばにも行けたので、当初の目標はクリア(笑)
でも、それ以上に感銘したのは、偶然立ち寄った荻窪の「トマト」という欧風カレーやさん。香辛料の香りが抜群!今度はシチューの方を是非食してみたい。また上京する機会があれば、予定にいれておこうっと。

4月13日(火)

以前にこのコーナーで記載いたしました、大阪古書研究会発行の古書合同目録「萬巻」14号が刊行されました。当店としては、初めての本格的な紙目録参加となります。(かなり前に紫式部さんの企画で一度出した事はありましたが・・・)
ただ、刊行部数の関係上、残念ながら今から当店にお申込になられましても、目録をお送りする事が出来ません。申し訳ございませんがご容赦くださいませ。

そこで、当店の掲載分のみ、このコーナーでご覧いただける様にいたしました。下記よりご覧下さいませ。

「萬巻」14号ジクソーハウス掲載分

※この掲載品に関しましては抽選方式となります。(4月20日抽選)先着順ではありません。
当選品は、郵便振替用紙同封の上、発送を持って代えさせていただきます。
大変申し訳ございませんが、抽選から外れました方へのご連絡は致しませんので、ご容赦くださいませ。
(通常のHP上の販売方法とは異なりますが、ご了解願えましたら幸甚です。)

ご注文は、ご注文シートメール、FAX、書簡にてお申込くださいませ。
※(お願い)通常のHP登録分とは別途にご記入くださいませ。
出来ましたら、「萬巻」目録分と記載いただければ助かります。

現在、既にかなりの方からのご注文が入っております為、ご要望にお応えする事が難しい本も多々ございますが、もしお目に留まる本がございましたら、何卒お申込くださいませ。

4月11日(日)

すっかり春ですねえ。先日、珍しく?花見に行ってきました。今年は何故か花粉症の症状が出ないので、春爛漫を満喫。風流ですなあ〜

今週、東京で全古書連大市会開催。年一回の全国規模の交換会です。大市といえば、どうしても目玉の本は競合が激しく、掘り出し物的な本はまず出ない。
さほど興味も湧かないので、今年はパスしようかと思っていたところ、ひょんな事から交通費が支給される事に。同人に参加するとこんなメリットがあったのね。
その為、今週は久々の上京。飲み会もありそうなので、大市以外で楽しみますか(笑)
という訳で、14日(水)〜16日(金)の三日間、発送及びメールへのお返事が出来ませんが、ご容赦くださいませ。

今月は思いっきり在庫整理月間。かなりまとまった処分が出来そう。新たな買取も決まっておりますが、保管場所は十分確保。でも、また一気に増えそうな予感も・・・日々在庫と格闘中です(汗)。苦手な夏に向けて、今のうちに体力も蓄えておかなければ。

今年のプロ野球はちょっと面白そう。どこのチームも長所と短所がはっきり出ているので、混戦になりそうだけど、やっぱりGの大砲群は、ツボにハマれば凄いよなあ・・・あえて弱点のリリーフ陣を補強しなかったのは、シーズンを盛り上げる為の演出だったのか?うーむ・・・