おまけの不定期日記  

2003年4月1日〜

6月20日(金)

一番苦手な季節・・・体調イマイチ。ノンアルコールビール飲んでます(苦笑)

先日の東京は一点落札。最も欲しかった括りだっただけに、出掛けた成果はありました。
その他は、やはりあちらの相場に阻まれる。うーむ・・・あの店頭価格も納得せざるを得ない。相場はある程度判ったので、もし次の機会があれば、どう勝負するか?・・・まあ、ボチボチ考えまっさ(笑)

今週の大阪の市は、特別これといった本は無かったものの、小銭稼ぎ?が出来そうなところを数点軽めに入札したら、何故か全点落札してしまった・・・ボチボチ儲けさせてもらいまっさ(笑)

今月下旬ほぼ同時期に、わが家の近くに三軒も!ラーメン屋がオープン。そんなに客需要のある地域か?ちゃんとリサーチしてるんかいな?まあ、リサーチもたまたま同時期だったんだろうねえ・・・
いくらブームとはいっても、ちょっと食傷気味になるよなあ・・・

6月14日(土)

12日に慌ただしくも一泊のみの強行軍で東京行き。どういった訳か?東京の組合から甘いお誘いの特別市情報が送られて来たので、急遽行っちゃいました(笑)
確かにあれこれミステリSF関連の本が山積み!さすが東京ですなあ〜
特別珍しい本というのは残念ながらあまり見当たら無かったが、通常に目録販売するには面白そうな本はチラホラ。でも、その分かえって競合しそうなので、入札も難しいところ。関東の業者さんの実勢価格が価格だけにねえ・・・結局無難な線で数点入札。今回は今後の参考として東京相場が判れば良いしね。結果は後日。

空き時間に神保町や中央線沿線等々を探索。ある程度目星を付けて廻ったものの、やはり収穫自体は行く度に少なくなってきている。店舗経営も難しい時代となって来ているのでしょうねえ・・・まあこれは当方も似たようなものですが(苦笑)
このような状況下ですが、新たな流れとして、「単に売る」から「魅せる棚づくり」を心がけた古書店さんが増えてきているのは、当方も大変参考になりました。古本もやはり「商品」ですから、ただ「待つ」商売ではなく、「視覚に訴えての情報提供」も必要。判っていそうで、案外気付かないんだよなあ・・・

お楽しみ?ラーメンは、外見になんとなく惹かれて立ち寄った神保町の「らーめん ひろ」(だったかな?)が美味かった。店内もスッキリして、接客も自然体で好感。また行ってみたいお店でした。しかし・・・神保町界隈もラーメン屋がやたら増えているねえ・・・

昨晩遅く京都に戻ると、買取の荷物が山積み!特別市以上の面白い本が結構入っているぞ!!

6月5日(木)

6月に入っても好調なタイガース。苦手な季節を乗り切れれば、ひょっとしたらひょっとしてしまいそう・・・凄いね、八木に伊良部。
当面のライバル巨人も、負け方が悪いからねえ・・・

プロレスラーのフレッド・ブラッシー逝去。小さい頃に見た時のインパクトは強烈だったよなあ・・・お年寄りがTVを見てショック死したというのも納得してしまう迫力。公称85歳となっておりましたが、実はもっと上だという噂も・・・大往生ですよねえ。
思い返すと、昔はブラッシーの他にも、フリッツ・フォン・エリック、ボボ・ブラジル、ザ・シークetc.魅せる悪役がキラ星の如くおりました。現在のプロレスにイマイチ魅力を感じないのは、ここらあたりなんだろうなあ・・・

「はなわ」君がやっとブレイク。前々から注目しておりました。何せカミサンが佐賀県出身だから(笑)
実は、当方の両親も熊本と大分出身で、北九州にも一時期住んでいた事があるのですが、何故か佐賀県にはカミサンのご両親にご挨拶に行った時までまともに滞在した事が無かった!(列車や車で通過した事はありますが・・・)
「SAGA佐賀♪SAGA佐賀♪九州の人も行かない!?(by.店主-笑-)」
・・・佐賀県の方、ゴメンナサイ・・・はなわ君応援してるよん。

本の話は・・・相変らず無し。このところ買取は好調ながら、それ以外の仕入が不調。業者市もセドリもイマイチ。本の流通が鈍っているのかな?

5月24日(土)

過し易い気候が続いております。まずはちょっとした宣伝から。

 「京の古本屋」 青幻舎刊 定価(本体価格1,200円+税)

新刊書で、上記の本が刊行されました。当店もインターネット専門店のコーナーで掲載されております。主に観光ガイド的に出版されたシリーズ本ですので、無店舗の当店としましてはちょっと場違いかも?
でも、京都市内にある主要な古書店案内が掲載されておりますので、この一冊を手に、京都観光がてら古書店巡りはいかがでしょうか?(どっちがメインかな・・・)
おそらく全国の大型書店でしたら置いているとは思うのですが、もし入手が難しければ当店にご連絡いただけましたら、当店よりお送りいたします。冊子小包郵送料は別途頂戴致しますので、目録品より何かご注文がございました時に、合わせてお送りする事もOKですよ。

今週は市では大した仕入れ無し。特別市なので期待はしたのだが、残念。そのかわりにまた買取が数件続く。今月は不思議と買取が多い。時期的なものでは無いと思うのですが・・・はて?

昨日、朝のTV「痛快!エブリデイ」で、大阪中崎町の古書店「青空書房」の店主さんの特集を放映しておりました。
私もたまに立ち寄る事があるのですが、本に対する愛情が滲み出ている方です。ああいう風に年を重ねていきたいなあ〜と、カミさん共々見入ってしまいました。
まだちょっと早いかな?(笑)

5月15日(木)

ニ○ル星との衝突もなく(笑)、平穏な一日が終わろうとしていたのだが、夜半に住居マンションの真ん前で、京福電車と車との衝突事故発生!結構大きな事故の模様。いつも乗っている電車だけに、他人事ではないなあ・・・

本日特別市の下見があったのだが、漫画とサブカル系が中心だっただけにさほど欲しい本は無かった。一点だけ珍しいジュニアSF物はあったが、相場が相場だけに難しいところ。とりあえず数点は入れてはみたものの、参加のみで終わりそう。
明けの月曜にもちょっと大きめの市があるが、前に書いた大口買取に加え、別口の良い買取が立て続けにあったので、よほどの出品が無い限りはあまり無理しないでおこう。(スペースの問題もあるし・・・)

他の話題は相変らずあまり無い・・・そろそろラーメンネタでも書こうかとも思ったが、深夜のお気に入りTV「壱番館」が始まるので、今日のところはこの辺で。ビッキーズ特集だしぃ(笑)

5月6日(火)

GWも終り、やっと平常の状態に戻れそう。在庫整理と登録に時間をかけなければ。

昨日まで開催された京都勧業館の古本市は、屋外の即売会のような均一の掘り出し物というのが無い分、仕入れはボチボチといったところ。
ちょっと気になったのはオープン前の状態。初めてガードマンを入れて、二つあるドアのうちの一方に二列で整列させたのは好感を持てたのだが、いざオープンとなった時に、ナント!整列させていなかったもう一方のドアも中の業者さんが同時に開けてしまった。その為、後で来た整列していなかったお客さんが、そちら側からドンドン入っていくではないか!整列の意味が無い(プンプン)
この辺り、もう少し連繋をキチンと取って欲しいねえ。

GW中、数年ぶりにボウリングへ行く事となった。全く久々だったのだが、二回目のゲームでギリギリながら200点突破!「俺って、こんなに上手かったかぁ〜?(笑)」これって、ビギナーズラックみたいなもの?
まあそれはともかく、今でもボウリングは流行っているんですねえ。ただ何気なく他のレーンを見ていると、今の若い子はボウリングがさほど上手くないような・・・案外同年代くらいの中年のオトウサンが結構頑張っている。
考えてみれば、かつてのボウリング・ブームの頃はTVのゴールデン・タイムでもボウリング番組を放映していたからなあ・・・今時の若い子だったら信じられない事でしょうが。その為、投げ方等も自然に学習出来たからねえ。
日頃、お子さんや若い部下にうっとうしがられている同年代のオトウサン、ボウリングでカッコイイところを見せようぜ!ナンチャッテ(笑)

4月29日(火)

連日の即売会あり、組合市あり、私用ありと、このところやたら慌ただしく、久々の日記更新となりました。

四天王寺古本祭りは、雨の影響で搬入が大変だったとの事。屋外の即売会は、やはり雨が一番の大敵。初日も予報では雨の確率が高かったのですが、オープン時にはなんとか上がっておりました。ただ、その分この時期にしてはえらく蒸し暑いのう・・・均一コーナーがイマイチだったのは残念。図書館廃棄本ばかり並べられてもねえ・・・
それでも、古書市場に中々めぼしい本が出回らない現状を考慮すれば、思っていた以上の収穫あり。幸先は良い。

組合市の方は、今週古めの時代小説のくくりを落札。今回はえらく競合したなあ・・・

という訳で?本はあれこれ集まってきておりますが、登録の方が中々出来ず。そうこうしているうちに大口買取のご依頼が新たに入る。また入口が塞がってしまうかも・・・ともかく連休明けにはジャンジャン登録しなければ。

「SRマンスリー」の2002年度ベストが発表されましたが、翻訳ミステリのラインナップは何なのだ!P・ワイルド、A・バークリー、F・アイルズの作品が1〜3位で、他もG・ミッチェル、H・マクロイ、セイヤーズ&ユースタス、E・フェラーズ・・・etc.が上位に。いつの時代のベスト?
こういった古典作品が出版されるのは勿論良い事ではありますが、もし後世にこのベストを振り返る企画があれば、きっと不可思議な大論争になるに違いない(笑)

時間が取れればまたこまめに更新いたします。しばしのご猶予を。

4月15日(火)

明日あたりから気温もかなり上がりそうとか。気候は良いけど、花粉症が長引いているぞ・・・

今週の市は仕入れ無し。そろそろ何か仕入れたいところなのだが、出物があまりない。次週は売りの方に参加しようかな?
春の古本市シーズン到来なのか?あちこちの古書目録が連日届いております。ちょっとワクワクしてきますね。

先日、天神橋筋商店街でタージンとユウキ・ロックが仕切っていたロケ現場をたまたま見かけて、横を通り過ぎました。
何の番組だったのか、その時は全く判らなかったのですが、後で「天女の秘宝館」という番組だったのが判りました。若手の女性芸人を集めた、関西ローカルらしい安上がりの新番組ですが(笑)
で、何気なしにボーッと観ていたら、何と当方の通行時の姿がはっきり映っているでは!・・・TV番組で自分自身を観るというのは、何か変な感じですなあ・・・
でも、内容としては、前番組の「発熱!猿人ショー」の方が面白かったけどなあ。パイパーという演劇集団(後藤ひろひと・川下大洋・山内圭哉の3人組)のコントで、結構シュールな番組でした。まあ、このメンバーはこれからもいずれどこかの番組で見かける事でしょうが。
ちなみに、劇団名のパイパーは、ロディ・パイパーが由来らしいです。(誰?という方が大半でしょうが-笑-)

週末の巨人VS阪神三連戦は、観ているだけで疲れましたねえ・・・

4月9日(水)

今年は桜も順調に咲いて、春らしい気候となってきました。
3月がセールや決算で忙しかった反動か、4月に入ってからは当方もノンビリ春気分です(笑)
気候も良いので、今のうちに遠征セドリ旅でもしようかな?

先日の京都で開催された全連大市は、全体の出品点数自体はかなりのものでした。ただ、やはり京都という土地柄か?古典籍の方は充実しておりましたが、探偵物やサブカル系は若干少なめ。当方のセンサー(ひねくれた?)に引っかかる出物が無かったのが残念。
まあ、春は結構物流の動く時期ですから、この後の通常市や、新たなオファーが入った買取等で、また面白い仕入れが出来るといいなあ〜(楽観的・・・)
仕入れの件以外でも、ちょっと面白い話が舞い込む。はて、どうするか?

ここ数年の間、続けて読んでいる漫画といえば「ジョー&飛雄馬」(笑)くらいだったのですが、カミさんの勧めで読み始めた「ONE PIECE」に今頃ハマッております。カミさんが時々TVで見ているのを断片的に眺めていた時は、「何が面白いんだぁ?」と全く見向きもしなかったのですが、第1話から読み始めると、確かに良いストーリーで、気が付けば数巻を一気に読破。たまに出てくる漫才調の会話がツボですねえ。
しかし・・・漫画を読む時間はあっても・・・小説を全く読んでいないぞ・・・

今年のタイガースは本物?ストッパーが弱点かな?それにしても、金本の加入は大きいよなあ・・・高度な野球が出来る選手だよねえ。何でカープはもっと引き止め工作しなかったんだよぉ〜(涙)
でも、連日タイガースのゲームをTVで見ていると、いつの間にやらタイガースの応援をしていたりして・・・恐ろしや阪神教の洗脳(笑)