おまけの不定期日記  

2002年10月1日〜

12月30日(月)

以前より予定されておりました「スーパー源氏」のサーバー移行がやっと完了。一昨日から昨日にかけて、当店のデータも全て再登録いたしました。移行前は自店目録との在庫のズレが多少ありましたが、今回の移行で解消されたと思います。
しかし、長時間のデータ変更作業はさすがに参りました。デスクワークは苦手だからなあ・・・もうやりたくない。

漫才グランプリM-1は大本命の「ますだおかだ」が優勝。ダントツの実力。決勝戦は全く余裕の新ネタだからねえ。紳助は気を遣って?「フットボールアワー」も甲乙付け難いと言ってたが、フットは微妙に間がズレてたからなあ。やはり経験の差が出たよう。フットの決勝ネタも常ならもっと笑えるんですがねえ・・・
でも、昨年が「中川家」で今年が「ますおか」というのもなあ・・・勿論実力通りの結果といってしまえばそれまでだけど、才能発掘という意義から考えると、ちょっと違和感が。決して優勝にケチを付ける訳ではないのですが、共に既に才能開花済のコンビだからねえ・・・
参加資格のコンビ結成期間を5年未満にするとか、一層の事全くオープンにしてベテランコンビも参加可能にしてしまうとか・・・まあ、当方の勝手な思いですが(笑)
ところで、敗者復活はいらない。最初から9組の決勝進出を決めて、「スピードワゴン」もその中に入れるべき。
西川きよしが審査員から司会に回ったことと、中山エミリのアシスタントはグッドでした。(昨年がひどかったからなあ・・・)

『甦る推理雑誌3「X」傑作選』読了。強烈な印象の作品というのは無いが、楽しめる作品集です。個人的には彬光「悪魔の護符」が好み。

12月26日(木)

残り数日で今年も終り。慌ただしくもあり、かといって常とあまり変わらぬ日々。催事にはさほど拘らないからねえ。
外出した時の人出の多さにも参るし、確実に寝正月を迎えそう(笑)
という訳でもないですが、例年の如く?年末年始も通常に営業いたしております。ただ、30日以降のご注文分は、年明け6日以降の発送(冊子小包)になりますので、ご了承くださいませ。
その間じっくりと目録をチェックしていただければ幸いです。大口のご注文や高額品に関しましては、クロネコヤマト便にて、年末年始も発送いたします。

今週の年内最終市はさすがに出品多し。特に狙い目だったところが落とせたので、今年の締めくくりとしては上々。
買取も引き続き入っているので、結局正月も本の整理で明け暮れるかも?寝正月は迎えられそうにない(・・・)
最終市の月曜は祝日だった為、街中はどこもクリスマス。人込みを避けて裏道を歩いていたが、偶然その裏道で「麒麟」の田村クン目撃。全く普通の兄チャンであった。(我ながら良く気が付くよなあ・・・)

年末のデパート開催古本即売会は・・・やや低調。会場スペースも若干縮小気味。デパートも古本での集客は難しくなってきているんだろうねえ・・・

藤岡弘、の探検隊ついつい見ちゃいました。川口隊長の時と全く一緒のお約束の展開。画面を見ながらやっぱりツッコミを入れてしまいますね(笑)
ちなみに隊長のお名前、藤岡弘の後に(、)が付くのご存知でしたか?モーニング娘。の(。)と似たようなもの・・・かな?

山田正紀『僧正の積木唄』読了。ちょっと尻すぼみ。
『終戦のローレライ』購入。正月に何とか読もうと思っているのですが・・・積読のまま《猟奇の鉄人》さんで話題?の「未読恥かしベスト」になってしまうかも(笑)
ちなみに当方の「未読恥かしベスト」は『黒死館殺人事件』。チャレンジは何度かしかけたものの、未だ読み進めず。いずれ再チャレンジしなければ。そういえば、『八つ墓村』も映画を見ただけで、本では読んで無かったかな?
海外はあり過ぎて書ききれません(苦笑)

12月15日(日)

早いもので、今年も残り半月。年の瀬ですねえ。
何故か年末になるにつれ、慌ただしさが増しております。前回の特別市は、予想外?に結構まとまって落札。重なって今週は買取も三件。次週も大口のオファーがありそう。これだけ続くのは、ここ最近では珍しい事です。多謝。

ところで、年末ともなれば古書目録があちらこちらから大量に届きますねえ。特に内容の濃い目録を見ると、当方もこのような目録を出してみたいと、ちょっとは考えてしまいます。半年から一年程入荷品を溜めていけば、何とか形にはなるかも知れませんが。でも、その間の収入が無くなるのがツライ(・・・)
とりあえず、当店は当店らしく?来年も今の形で自転車操業的目録を続けていくつもりです。
何か年末の挨拶みたい(笑)〆はもうちょっと先ですね。

今年の上方お笑い大賞は「トミーズ」、新人賞は「フットボールアワー」。まあ、ある程度予想通り。フットボールアワーはM-1にも出場。若手ながら、ボケとツッコミ共に実力派のバランスの良いコンビです。

山田正紀『僧正の積木唄』、まだ途中ですが、面白いですねえ。
ついに出ました!福井晴敏久々の新刊も気に掛かります。正月にでもじっくり読もうかな?

12月9日(月)

12月は何とはなしに慌ただしくなりますねえ。日記もちょっと間が空いてしまいました。(単にズボラなだけ?)
昨日は特別市開催。パラパラと出物がありました。途中で退席したので最終結果は判りませんが、とりあえず1点は欲しい所が落札出来たので良しとしよう。

ここ最近、今までとは違った感じのご注文が割と入って、ちょっと戸惑っておりました。で、やっと気が付いたのですが、HPからのご注文でもスーパー源氏からのご注文でも無しに、OldBookMarkさん等の他のメタサーチからのものでした。
今年に入って自店目録をCGI形式からHTML形式に変更した為、他のメタサーチからの検索にも掛かりやすくなったからだと思います。(気付くのが遅すぎる・・・)
しかし、そのおかげか?全く売れていなかった本が急に売れたりする事も増えてきました。こうなると、やはり幅広く在庫を持つ事も店舗維持の為には必要なのか?そのあたりは引き続き来年も課題となりそう。
確かに、細かい売上を伸ばしていく事も考えなければ・・・稀少本ばかりはご提供出来ないですからねえ・・・

漫才グランプリM-1の決勝進出者8組が決定しました。あと1組は当日決めるそうな。
しかし、8組中7組は予選をしなくても選ばれそうなところだよなあ〜今回は所属会社のバランスを重視したのかな?その分関西のBase組は割を食った感じ。
唯一無名の「笑い飯」は関西の若手。漫才ネタ自体はまだまだだけど、キャラクターは強烈。そこが買われたのか?
漫才ネタだけなら「麒麟」「$10」「ルート33」あたりも捨てがたいんだけどねえ・・・

島田荘司『魔神の遊戯』読了。久々の新刊本です(笑)感想は・・・ある程度予想通りの結末で終わってしまったよなあ・・・
続けて、山田正紀『僧正の積木唄』を読んでおります。年末になって、やっと新刊に目覚める(笑)
めざせ、「このミス」ベスト10冊読破!(無理無理)

11月29日(金)

毎年の事ながら、今年も残り少なくなりましたねえ。
予想通り?買取の方も徐々に入っておりますので、それに並行して在庫整理の方も徐々に忙しくなってきました。年末ですなあ〜(笑)
ただ、買取の多い事は大変嬉しい事なのですが、業界全体が営業の厳しい情況下にあって、買取価格の方でご期待に添えるかどうかがここ最近の悩み。
特に、一番お問い合わせの多い、ある程度のクラスまでの絶版文庫本(ネット等で検索すると複数冊引っかかるような・・・)は、当方もかなりダブり気味で、業者市の交換会でも人気薄の為ツブシが利かず。その為査定がどうしても低くならざるを得なくなってきております。(かえって、最近の新刊本の方が、まだ業者間の人気がある分、高く買い取れるかも・・・)
勿論、入手困難な稀少本であればあるほど相応に高査定いたしますので、前述の点はご理解願えれば幸いです。
また、アトランダムにご処分されるよりも、ある程度ジャンルがまとまっていた方(例えば「ポケミスまとめて」とか「誰々の作品一括」等々)が、評価の高くなる可能性がありますので、その点もご一考下さいませ。

今週の市も一点勝負。落札は出来たものの・・・まず儲けは出ない(苦笑)

ところで、タイガースはどこまで新戦力を集める気?ジャイアンツの批判は出来ないぞ・・・
しかし、金本・下柳・伊良部・中村紀(未定)に囲まれた星野監督のベンチ姿を想像したら・・・確かに迫力はあるわな。乱闘だけならリーグトップの実力?どさくさまぎれにボブ・サップも獲得すれば(笑)

11月22日(金)

今週の市仕入は一点大物落札。結構値は張ったが、今回は出品も多少していたので、プラマイゼロ。他にもまあまあの仕入あり。
大口の買取も二件ほどまとまり、今週は平穏の日々?から一転ドタバタ。まだ数件買取のオファーが入っているし、年末らしく?なってきました。売り買い共に忙しくなりそう・・・かな?
<買取はいつでもご相談に応じます。お問い合わせはお気軽に。>

ドタバタしていたので?他の話題があまりない・・・ラーメン屋及びお笑い情報はまた後日(笑)
そろそろM-1グランプリが気になる時期にはなってきましたが。出来ればシャンプーハットを決勝で見てみたい。

『「ロック」傑作選』・『「黒猫」傑作選』読了。久々の読了日記。相変らずこの手の本しか読んでおりません(笑)次こそ新刊を読もうかな?(これも新刊だった・・・)
共に面白く読めましたが、どちらかとなれば『「黒猫」傑作選』の方がオススメ。

11月13日(水)

映画「トリック」を鑑賞。クワッパ!
怪しい神達が良いですねえ。根岸季衣の役どころは最初気付きませんでした。うまく化けたなあ・・・
まあ、内容的にはTVシリーズとさほど変わりませんが、それなりに楽しめる映画です。

行った日はズレますが、約束通り?カミさんをラーメン屋「東龍」と「いいちょ」に連れて行く。カミさんは「いいちょ」の方がお気に入りだったようです。味とは全く関係無いが、ここの店主は長原成樹にソックリ。

先週今週と市仕入れも無く、こんな事しか話題が無い・・・日々平穏?
登録はちょっとだけ気合を入れました。

11月4日(月)

もうじき45万人突破予定。恒例?のセールと行きたい処なのですが、11月中はスーパー源氏の新データベースへのデータ移行という、ちょっと大変な作業が予定されております為、中止もしくは別の形での延期とさせていただきます。ご期待されていた方(いらっしゃるのかな?)には申し訳ないですが、諸般の事情によりご了承くださいませ。
しかし、移行時に在庫データをチェックする段階で、処分や価格変更が必要な本も多々あるだろうし・・・苦手なデスクワークが続くなあ・・・
当店HPの方は通常通り逐次新規登録いたします。

百万遍は、最近の大型古本市からみると若干狭く感じますが、会場の雰囲気は趣きがあって一番良いです。まあ、雰囲気と成果はまた別物ですが(笑)
それでもボチボチ面白い本が拾えたから良いか。しかし、毎年ここは雨が一番大敵だよなあ・・・

本日の市はやはり先週の反動で出品も少なく、仕入れ無し。一点、復刊本の評価でちょっと迷ってしまいました。考え過ぎたかな?

ついに「幻影の蔵」購入。これは楽しみ。

10月30日(水)

うーむ・・・こんなに一方的にあっさり終ってしまった日本シリーズは・・・記憶が無いぞ!トホホ。

今週開催の市は、通常市にもかかわらず、ウブ口の出品があって特別市以上の盛況。ミステリ関連も全集物でかなりの出物。どちらかといえば全集物はイマイチ苦手なので、是が非にでも落としたい、とまではいかないのだが、一応ミステリ専門店の看板を掲げている以上、何かは落とさなければとあれこれ入札。競合は激しかったけど、四点は落札出来たからまあまあか。僅かの差で落とし損ねたブツもあったが、あの値で落ちないのであれば悔いは無い。
これから年末にかけてはまた何か出物もあると思うので、当方のストライク・ゾーンが出た時には気合を入れようっと。(資金調達が難問だが・・・)

明日は百万遍古本市。今回は古本よりもラーメンかな?(笑)

えっ!?伝説の芸人テントさんが大手企業CMに出てる!

10月27日(日)

金曜日からカミさんがプチ同窓会旅行の為、この週末は久々に独身生活。
昔なら羽根を伸ばしたのであろうが、ここ最近は夜遊びに出かける事も面倒くさくなったので(年のせいか?)、昨日今日と、市内をセドリ及びラーメン屋巡りでブラブラ。日本シリーズの時間には帰宅。ビール片手に観戦。まあ、一人暮らしには慣れているからねえ・・・で、その行動をちょっとだけ記述。アリバイ作りの為では無いですよ(笑)

昨日は、昼過ぎまで吉本を観た後(懐かしや!「あっちこっち丁稚」)に外出。評判の結構高い北白川の「東龍」に初めて立ち寄り、東龍玉子ラーメンを注文。スープを一口飲んだ所、野菜の甘味があって、一瞬ポタージュスープのような感じがしました。全体のバランスも良く、今までに味わった事のなかった味で、確かに美味。ただ、例えるなら、直球勝負ではなく、キレのある変化球といった感じ。たまに味わう程度で良いかな。
でも、店舗は綺麗だし、女性向きの味。デートには良いのでは?次はカミさん連れて行こうっと。
セドリの収穫はボチボチ。

本日は、午前中に近所のスーパーで開催の「かつみさゆり」ショーを見に行く。
確かに今乗っているだけに、華はありますねえ。TVではあまり目立たない(笑)かつみも、流石にベテラン。上手くお客を乗せて盛り上げていた。ただ、前半のお客相手のネタふりは良かったのだが、後半の本ネタはちょっとねえ・・・ネタが古過ぎるぞ。オンエアバトルなら、まず落選だねえ(笑)・・・まあ、今や漫才よりもレポーターやバラエティーの方で活躍中だから良いが、もう少し新鮮なネタ考えてね。
昨日放映の「あっちこっち丁稚」のさゆりちゃんは良かったよ。

午後より、これまた今評判の高い北大路通りのラーメン屋「いいちょ」に出向く。日曜とあって行列客も。実はこの店はオープン時に一度行って、美味かった記憶はあるのだが、味をはっきりと覚えていなかった。で、今回もう一度食してみると、やはり美味い。とんこつ醤油のいわゆる「京都ラーメン」を洗練させた感じのあっさり味。ツルツルッと一気に食べ終わった。
確かに強烈なインパクトは無く、逆に物足りなさをちょっと感じる位かも知れないが、飽きのこない味を計算づくで作っているような感じ。一杯飲む前の腹ごしらえにも、散々飲んだ後のシメにもピッタリの味です。

その後、ちょっと意外な所で掘り出し物(本ですよ・・・)を見つける。結構歩き回ったので、もう一軒ラーメン屋を探索。
一乗寺(今や京都のラーメンの名所)も考えたが、主な所は大体廻っているし、「新ます」は近々行くだろうから、老舗ながらまだ行った事の無かった高原町の「山さんラーメン」へ。これまたとんこつ醤油の「京都ラーメン」だったので、味がダブッてしまった(笑)
「いいちょ」より濃厚で、昔ながらの味といった感じか。確かにここも美味い。ただ、チャーシューはちょっと・・・全体のバランスでは「いいちょ」の方が上かな?

京都ラーメン情報。気が向いたらまたご報告いたします。京都散策のご参考に(ならないって・・・)

ライオンズもうちょっと頑張ってくれい。松坂先発で、第1戦は負けても計算通り、流石伊原采配と思ったのだが、2戦目に負けちゃダメじゃない・・・

10月22日(火)

笹沢左保氏ご逝去。先日の鮎川氏に続き、日本ミステリ界へ多大なる功績を残された作家が、また鬼籍に入られる事になり、大変残念です。心よりお悔み申し上げます。
多作の作家でしたので、実際に読んだのはそのごく一部に過ぎないのですが、特に初期のミステリ作品に関しては傑作が多く、外れは殆どありませんでした。確かにベストセラー作家というイメージと、殆どの作品が容易に入手出来る為に、近年はマニアの間でイマイチ話題に上る事の少なかった作家ではありますが、もっと再評価されても良いのではと思います。
もし未読の方がいらっしゃいましたら、宜しければご一読下さいませ。

昨日の市も出品自体が少なく、仕入れ無し。頑張ってセドリで廻るしかないか。

古本市以降はさほどの話題無し。人付き会いも無く、殆ど隠遁生活かも(笑)

『鷲尾三郎名作選 文殊の罠』読了。外れも多い?作家ではありますが、この短編集は選りすぐり。特に第二部はビックリしまっせ。

10月15日(火)

昨日の業者市は、流石に天神さんと四天王寺さんのダブル開催の影響で、出品も人も少なし。
若干それらしい本はあったものの、どうしても欲しいという気にはならなかった為、入札はパス。まあいいか。

天神さんと四天王寺さんにも廻ったが、今回はどうもお得意?の落穂拾いがさほど出来ぬ。まあ、これも流通の問題なんでしょうねえ。特に探偵物に関しては、ウブ物でのまとまった出品は無かったよなあ〜(単品拾いならポツリポツリあった様ですが。)

ところで、ノーベル賞って全く別世界のものと思っていたのですが、「島津製作所の田中さん受賞」とのTV速報を見てビックリ!
島津製作所の本社は当方の家から歩いて1分!のところにあるんですよ。まして田中さんは同い年のサラリーマンだとか。各放送局も急遽駆けつけておりました。こんな事もあるんですねえ。
まあ、個人的には何の関係も無いですが(笑)

昨日はマジメ?に仕事をしていた為、R-1を結局見損ないましたが、噂では番組内容がかなり悪かったような。
噂通りなら見なくとも惜しい気はしないが・・・「だいたひかる」ねえ・・・

10月12日(土)

木曜より、秋の古本市シーズン突入。
市の仕入プラス買取により、文庫本が大量に入荷して、その整理にも追われるが、古本市ともなればやはりこちらを優先。後が大変ですが・・・
昨年より天神さんと四天王寺がダブル開催となった為、10日の天神さんはどうしても規模が小さく感じてしまうが、仕方の無いところか。結果は残念ながら殆ど収穫無し。
翌日の四天王寺に備える為、今回は大阪で一泊。連日朝早く遠征する気力と体力が無くなってきているからねえ・・・
まあ、その分夜を楽しく過す。カミさんと、カミさんの悪友と連れ立って(両手に花・・・かぁ?)、本格的インドカレーでディナー。最も辛いカレーを注文するが、スパイスが結構美味く煮込まれて、おいしゅうございました。同伴の二人は、一口食べただけでヒイヒイ〜でしたが(笑)

11日の四天王寺はやはり広い!ただ、昨年よりもブースがコンパクトにまとまっていたので、その分は多少巡回し易かった。
今回は朝イチで勝負あり。とんでもない本を一冊ゲット!ただしカミさんの方。しかしまあ・・・連れ合いながら、いつもの如く凄いヒキに感心するねえ〜
当方もソコソコの本をボチボチ掻き集める。結局ダンボール二箱分送り。また部屋が狭くなる・・・

本日も少々落穂拾い。相変わらず、時代遅れの毛色の変わった本ばかりですが(笑)

「トリック」の再放送開始!これは嬉しい。今秋のTV番組改変は、ちょっと面白いかも?
深夜で放映されていた「ワンナイ」がゴールデンに進出。「夢で逢えたら」(古い?)以来の気に掛かるお笑いバラエティー。宮迫クンもビッグになりましたねえ〜
水谷豊主演の「相棒」も結構面白いぞ。ムチャクチャローカルですが(笑)京都テレビの新番組、俵太の「京都コンチキチン」も注目。殆どかつての「バスコロ」。果していつまで続くか?

篠田秀幸『帝銀村の殺人』読了。この筆者の作品の中では上手くまとまっている方か?最後の殺人事件はちょっと余計だったような気もするが、まずまずの出来です。

10月6日(日)

10月ともなれば今年も押し迫った感じがしますねえ・・・野球も日本シリーズ間近ですし。年齢を重ねると共に一年が年々早くなるなあ〜としみじみ思う今日この頃。

年末といえば、今年も漫才M-1グランプリの第二回が開催されますが、その前にピン芸対象のR-1がこっそり?開催されております。次週体育の日が決勝。業者市と重なるぞ・・・早めに切り上げて見てみますか。
関西吉本の陣内・ケンコバは揃って決勝進出。陣内君は本命視されるだろうねえ。対抗はパペットマペットか?
いまさらオール阪神師匠に優勝されてもなあ・・・
M-1も予選が始まっております。今年こそアメザリか?

古本も秋のイベントシーズン到来。今週から気を入れていかなければ。決戦は金曜日?

はやみねかおる「『ミステリー館』へ、ようこそ」読了。今回も期待を裏切りません。ただ、主人公の三つ子が成長していくにつれ、ストーリー作りも難しさが出てくるかも?夢水探偵も段々観念的になってきているような感じもするし・・・
次回か次々回くらいで夢水探偵が姿を消して・・・再び亜衣ちゃんが夢水探偵と出会うには三年の月日を要した。新たな冒険は「講談社ノベルズ」で!・・・てな事は無いわな(笑)